男性ホルモンが激減する5つの行動

query_builder 2024/06/03
画像582
画像583
画像584
画像585
画像586
画像587
画像588
画像589
画像582
画像583
画像584
画像585
画像586
画像587
画像588
画像589
男性ホルモンが激減する5つの行動

①亜鉛不足
体内で作ることができない「必須微量ミネラル」で
歯、骨、肝臓、腎臓、筋肉に多く含まれます。
食べ物では牡蠣、煮干し、たらこ、しらす干し
かつお節、ほたてなどに多く含まれます。

②睡眠不足
慢性的な睡眠不足は、疲労、日中の眠気、
作業精度低下、体重減少にもしくは増加を引き起こす
夜更かしはしない様にしましょう

③マグネシウム不足
不足すると吐き気、嘔吐、眠気、脱力、
筋肉のけいれん、 振戦、食欲不振など起します
食品では、魚介類や海藻類、穀類、野菜類
ナッツ類などに多く含まれている傾向にあります

④ビタミンD不足、
ビタミンDは体内でカルシウムの吸収や
免疫機能の調節に重要な役割を果たしています。
不足すると、腸管からのカルシウム吸収や
腎臓でのカルシウム再吸収が低下します。

⑤肥満
男性ホルモンには肥満を抑える作用があり
低下すると食事や運動量など生活習間が
変わらないのに太りやすくなります。

男性ホルモンであるテストステロンは通常20代を
ピークに後やかに減少します。
そのためテストステロンの
減少による様々な症状もゆるやかに出現し
「老化による変化』として受け入れている男性が多いです。
しかし、テストステロンは年代問わず環境変化や人間関係、
その他原因で急激に減少します。